昌子源が意識するチームの“勝ち癖”「ワールドカップまで全部勝つ」

  • youduoadmin
  • 23 3月 2018
  •   昌子源が意識するチームの“勝ち癖”「ワールドカップまで全部勝つ」 はコメントを受け付けていません。

今回、ディフェンスリーダーの吉田麻也はケガの影響で招集外。昌子は本大会でこういった状況もあるとし、「いる選手で勝ちに行く」と力強く語った。

「自分の思い通りのプレーをしたいと思っていますし、例えば本戦行った時に麻也君が一発目でケガするかもしれないし、いる選手でやっぱ勝ちに行きたいと思います。ワールドカップまで試合は少ないので、チームとして勝ち癖ってのがすごい大事だと思います。明日の試合からワールドカップまでとりあえず全部勝つっていうのをチームの目標にしてるので、勝ち癖っていうのは本大会でも絶対にいい方向に向くと思ってますし、そういうふうに明日の試合からしたいと思ってます」

昨年11月はブラジルに完敗した後に、修正しベルギーに惜敗。本大会でも、個ではなくチームとして戦うことが重要だと強調する。

「しっかり個では勝てないところをチームで補って、ブラジルは結構個と個の対決で負けていたと思うし、それをチームで修正しようとしてたのがベルギーだったと思うし、誰かが抜かれても次の人がしっかりカバーして、そういうのが今回も大事だと思います。今回に限らずこれからそういう戦い方をしないと単純に個で言うとホントに結構差はあったと外から見ても思ったし、試合には出れなかったですけど、生で見たことだけでもだいぶデカかったと思います。そのイメージ、試合を見ながら自分が思ってたイメージっていうのを常に忘れずにいたいですね」

ディフェンスラインでは吉田がいないことに加え、同じく常連組の酒井宏樹もケガで招集外。しかし、昌子は「そんなに変わらない」と話し、今いるメンバーで勝ちに行くとした。

「僕は常に声を出すタイプなんで、代表でもクラブでも変わんないですし、しっかり声を出して後ろから支えたいと思うし、今いるメンバーで、あの人がいないと言っても仕方ないし、今いるメンバーで最高の試合をしたいなと。勝ち癖っていうのを今いるメンバーでつけて、やっていきたいなと思います」